安全で効果的な治療

施術を受ける女性

世界で認められている背景が安心に

美容医療の発展により、現在は切る様な大きな手術をする事なく希望を叶えられる様になりました。その代表的な治療方法がボトックス治療です。手術を必要としない美容整形術は他にもありますが、特に選ばれているのには2つの大きな理由があります。1つは副作用がなく安全性が立証されている事です。ボトックス治療は天然のたんぱく質であるボツリヌストキシンを注射で注入します。そのボツリヌストキシンは医療現場で以前より利用されていました。臨床試験のデータも豊富であり、人体に害はない事が実証されています。今や70ヵ国以上で利用されており、副作用の報告もありません。2つ目は効果が徐々に現れる事です。治療を受けても劇的な変化はないので、美容整形治療を受けた事を知人に知られる心配はありません。治療後1週間程から効果が実感できる様になり、1ヶ月程で安定します。会社勤めの方も治療後の事を気にする心配なく受ける事が選ばれている背景にあります。以上の理由からプチ整形として選択されています。

ボトックス治療はボツリヌストキシンと言う天然のたんぱく質を注入する治療方法です。ボトックス治療はボツリヌストキシン以外の薬剤を注入する事はなく、薬剤は1種類だけです。ただし正規品とジェネリックはあります。正規品と呼ばれているのは何も日本だけではなく、世界中からも認められているものです。それがアラガン社製ボツリヌストキシンであり、日本では唯一厚生労働省が安全性を認めている薬剤です。ジェネリックはこの正規品と同成分で同効果の薬剤です。新薬ではなく、安全性が立証された正規品の有効成分を使用するので開発費用も情報伝達費用も最小限に抑えらます。開発費が安く済んでいるので、ジェネリックは低単価であり、治療費を安くする事ができます。ジェネリックは正規品と変わらない成分なので副作用はありません。ただしジェネリックは世に出てから時間もそう経過していないので、臨床データも正規品より少ないです。副作用についても正規品ではなかった事が前提として成り立っています。ボトックス治療は定期的に受ける必要があるので、1回あたりの治療費を抑える選択肢として検討の価値は高いです。