治療費用は手術より安い

女性

選択する薬剤によって費用も変わる

美容医療は昔からありましたが、費用は高額なイメージが現在も蔓延しています。美容医療は発展を続け、現在は多くの方がイメージしているメスを用いた手術はせずに、負担の少ない治療内容で手術と同様の結果を得る事ができます。その治療内容は注射だけで副作用のないボトックス治療が注目されています。ボトックス治療は薬剤を希望する部位に注入するだけの内容です。効果は半年程で永久的なものではありませんが、プチ整形として手軽に始められる事も人気の理由にあります。費用は手術より安く、3万円から6万円程が全国平均になっています。美容医療は医療機関で受けるのですが、目的が治癒ではなく美容なので、保険適用が治療になります。3万から6万円と差があるのは、部位毎に設定金額が異なるからです。部位毎に注入量が変わる事も理由にはありますが、施術の難しさも理由の1つにあります。筋肉に注入するのですが、筋肉は様々な部位と連動しているので、その狙った部位のみに効果をとすると、相応の腕が必要です。薬剤自体に副作用はありませんが、トラブルのほとんどは医師のミスからです。

ボトックス注射治療に使用される薬剤はボツリヌストキシンと言う天然のたんぱく質です。このボツリヌストキシンは副作用はなく、世界中から認められている薬剤です。筋肉への神経伝達物資であるアセチルコリンの分泌を抑制する働きがあり、それにより筋肉の緊張や過度な発達を抑制する事ができます。言わば筋肉が要因で起こるしわやエラの張り、筋肉太りを解消する事がボトックス注射治療ではできます。ボツリヌストキシン以外の薬剤は使用されませんが、ジェネリックも登場しており費用は正規品より安いです。正規品はアラガン社製の事を指し、それは世界共通の認識になっています。基本的に日本でも厚生労働省が唯一認めているアラガン社製ボツリヌストキシンが使用されますが、クリニックによってジェネリックを用意している場合もあります。安全性についてそのクリニックが責任を持って確認しているのですが、選択する際は入念に医師より薬剤について確認する必要はあります。ジェネリックは同成分なので副作用は正規品と同じくないのですが、日本では安全性について厚生労働省が認めてはいないからです。