ダウンタイムが少ない施術

エステティシャン

すぐに日常生活に戻ることができる

美容整形をする際は、副作用が強く出ないか、ダウンタイムが長くならないかなども気になるところです。最近はメスを使わないプチ整形が普及したこともあり、より副作用のリスクも抑えられています。特にボトックスは注射のみの施術ということもあり、短時間で美容の悩みを解消できると人気です。ボトックスは筋肉の過剰な働きを抑える効果がありますので、表情で目立つ眉間やおでこのシワの改善などによく利用されている施術です。注射だけでシワが目立たなくなることはメリットですが、施術前にはどのような副作用があるのかも知っておきましょう。まず、注射をしますので、注入した部位に多少の赤みや腫れ、内出血が出る可能性があります。さらに筋肉の働きを抑えますのでおでこや目の近くに注入した部位は一時的に眉が下がったように感じる、まぶたが下がっているように感じることもあると言われています。とはいえ、こうした症状も一時的なものとなっていますし、注入量を調整することで、より副作用の発生を抑えることもできます。施術後はすぐに帰宅でき、日常生活に大きな影響が出ないのもボトックスのメリットと言えるでしょう。

副作用が少ないことでも人気のボトックスは、様々な美容の悩み解消に役立てられています。浅い部分に注入する治療ではたるみを改善し、リフトアップの効果も期待できます。シワを目立たなくするための施術は特に有名ですが、このほかにも様々な悩みに対応できます。例えば、エラを削る治療などは骨を削ると副作用が強く出たり、ダウンタイムが長くなるという心配もありますが、エラボトックスなら注射のみなので、体への負担も大きく抑えられています。それでいて高い改善効果を得ることができますし、効果はゆっくりと現れてきますので急激に変化する心配はありません。痩身ではエラだけではなく筋肉で太くなったふくらはぎにも有効です。エラの筋肉が発達している人は食いしばりや歯ぎしりのクセがある人も多くなっていますが、施術をすることで筋肉の緊張が解けますので、食いしばりや歯ぎしりの予防にも役立ちます。美容目的の治療では自由診療となりますが、脳卒中の後遺症である筋肉のつっぱりや眼瞼痙攣、斜視や多汗症などの治療では保険診療が認められています。